iPhoneXの変更された点とは

###Site Name###

iPhoneXは従来のモデルと比較すると様々な点に変更が加えられています。
特に顕著な部分としてはディスプレイとデザインを挙げることができます。従来のモデルには液晶ディスプレイが採用されていましたが、iPhoneXにはOLEDディスプレイが採用される予定です。
OLEDは有機ELや発光ダイオード、発光ポリマーとも呼ばれる新技術で有機化合物である発光ダイオードに電子が流れると正孔と再結合して励起子が発生し発光します。

OLED自体が発光するため液晶ディスプレイのようなバックライトや液晶が不要になります。

新型ディスプレイは部品点数が少なく薄型化と軽量化を可能にします。


iPhoneXにはスチールケースが採用される見込みですが、OLEDディスプレイはフィルム基盤の場合に曲げることができるほどの薄さと柔軟性を有します。



従来のモデルではバックライトや液晶が必要でした。

新型では不要となるため形状は薄く重さも軽くなります。
また消費電力も少なくなり、バッテリーの持ちを長くすることができます。


よる少ない消費電力で美しい色彩の映像を表現できるという特徴があります。
OLEDは新しい技術なので大量生産体制を築くまでに時間が必要です。
一般的にiPhoneXの発売日は2017年の10月から11月とされています。

新型ディスプレイの生産状況によっては2018年に延長されると考える専門家も存在します。

また新型ディスプレイの生産量が少量な場合には、iPhoneXの初期生産量も限定的になると考えられます。

iPhoneXは従来型と比較して様々な変更が加えられています。改良が加えられた結果機能性も大幅に向上することが予想されます。


iPhoneXの発売日は一般的に2017年の10月から11月と考えられていますが、新しい技術の安定性や生産体制によっては2018年になる可能性もあります。

また新型ディスプレイの生産状況によって初期型の生産量が限定的になるのではと考える専門家も存在します。

iPhoneXでは機能だけでなくデザインも大幅に変更される予定です。


例えばカラーバリエーションの中にミラーモデルが含まれると予想されます。

これまでのシリーズでは伝統的に画面の下部にホームボタンが存在しました。iPhoneXではホームボタンを廃止する代わりにファンクションエリアを設置してデザインが一新されると考えられています。本体の密閉性も向上し、防水性や防塵性なども高められます。

新しいモデルの最も大きな特徴はディスプレイです。

新型ディスプレイは従来の液晶ディスプレイとは異なりOLEDディスプレイになると予想されます。OLEDとは有機ELのことで、それ自体が発光するためバックライトと液晶が不要となります。


有機ELとは有機エレクトロルミネッセンスのことで発光ダイオードとも呼ばれます。
有機ELは消費電力を抑え軽量化と薄型化が可能というメリットがあります。

一方まだ新しい技術なので大量生産に向かないという特徴を有します。

OLEDディスプレイの生産状況によってiPhoneXの発売日と初期型の生産量も影響を受けると考えられています。


iPhoneXは2017年の10月から11月頃に発売されると一般的に予想されていますが、デザインや機能の大幅な変更をなることから2018年まで延期される可能性もあります。
iPhoneXは従来型と比較して進化した機能を備えています。

例えば新型ディスプレイにはOLEDディスプレイが採用される見通しです。

OLEDとは有機ELもしくは発光ダイオードとも呼ばれ、バックライトなどを必要とせず自ら発光します。従来型で採用されていた液晶ディスプレイは発光するためのバックライトと液晶が必要だったため部品点数が多く本体も厚みがありました。
OLEDディスプレイを採用する新型のiPhoneXではバックライトも液晶も不要となり本体が薄くなると予想されます。また消費電力が抑えられることからバッテリーの稼働時間が伸長されることになります。

さらにディスプレイの応答性も向上すると考えられています。
OLEDディスプレイはiPhoneXの目玉とも呼べる存在ですが、新しい技術であるため大量生産が困難という課題を抱えています。新型ディスプレイの生産状況によっては発売日が2018年まで延長される可能性が存在します。

iPhoneXにはディスプレイ以外にも様々な点で進化が見られます。例えば顔認証システムが搭載されセキュリティが向上するだけでなく、密閉構造にも改良が加えられて防塵性と防水性が向上していると考えられています。

またデザインもホームボタンが廃止されたりミラーカラーが追加されるなど大幅に変更されると予想されます。

2017年7月の時点でいまだ正式発表がされず、様々なうわさがネット上で取り沙汰されているiPhoneXですが、例えば操作面がベゼルフリーデザインとなり、今までホームボタンがあった場所までモニタで埋め尽くされるようなデザインになるといわれています。

そうなると気になるのが、これまでホームボタン上にあったTouchIDです。
iPhoneXではTouchIDがどうなるのかといったことが俄然注目されています。

幅広い分野の視点からiphoneX(テン)情報のお得な利用法をお教えします。

TouchIDは、2013年に登場したiphone5sから採用されている指紋認証システムです。


このTouchIDを用いることで、デバイスのロック解除やアップルのオンラインストアでの購入手続きが行えたり、最近ではApplePayの認証でも使われています。


丸いホームボタンの部分に指紋を感知するセンサーが搭載されており、指を置くことでロックの解除を行うことができます。しかし、操作面がベゼルフリーとなりホームボタンがなくなるiPhoneXでは、TouchIDを置く場所がありません。

背面に設置されるという説がある一方で、背面パネルのリーク画像ではTouchIDを置く場所が見当たらないという話もあることから、iPhoneXではTouchIDに変わる新たな認証方法が採用されるという説も挙がってきています。


有力なのは、フロントカメラを用いた3D顔認証や虹彩認証です。



3Dの顔認証であれば写真などで誤魔化すことは難しくなるので、セキュリティとロック解除の手軽さを兼ね備えたシステムとなりうることでしょう。