新しいiPhoneXの発売日とは

###Site Name###

新型のiPhoneXには従来のモデルとは異なるディスプレイが採用される見通しです。

このディスプレイはOLEDディスプレイと呼ばれ、液晶や発光体となるバックライトを必要としません。

OLEDは有機ELや発光ダイオード、発光ポリマーとも呼ばれます。

従来のモデルではバックライトが光を出しましたがOLEDはそれ自体が発光するため部品点数を少なくすることができます。

また綺麗な色彩で映像を表現できるだけでなく、消費電力が抑えられるためバッテリーの使用可能な時間も延長されます。

新しいiPhoneXの発売日は主にOLEDディスプレイの生産体制の影響を受けます。

他にも顔認証システムの採用や密閉構造の改良による防水性と防塵性の向上などが図られていますが、iPhoneXの発売日を決める最も大きな要因は新型ディスプレイの生産状況です。

有機ELとは有機エレクトロルミネッセンスの略称で、発光ダイオードの有機化合物に電子が注がれると正孔の再結合によって励起子が発生して光を放ちます。



この新しい技術はまだ大量生産の技術が整っていないため、iPhoneXの発売日は2018年になるのでは考える専門家もいます。
一般的には2017年の10月から11月には新型のiPhoneXが発売されるのでは考えられています。


まだ詳細は明らかではありません。

しかしこれまでのシリーズは9月に発売日の発表が行われることが多かったことから、9月頃には何らかの発表があるのではないかと予想されています。


近い将来にリリースされるiPhoneXには、有機ELを使った画面が装備されることによって、ホームボタンがなくなり、新たな指紋認証システムを導入する必要が生じてきます。
iphoneには独自に開発された指紋認証システムが採用されると予想されています。

ディスプレイのどこの部分でも指紋認証が可能な特許を取得したことによって、この予想は信憑性があるものとされています。
新しい指紋認証システムがiPhoneXに搭載されるかは、まだ分かっていない状況ですが、フルディスプレイで提供されることを考慮すると、装備される確率は高いと考えられます。



iPhoneXの導入されると考えられているのは、これまでと同様のワイヤレス充電方式ではなく、およそ1メートルぐらいの距離が充電器とあったとしても充電することができる、中距離型に進化したワイヤレス充電方式になります。

鉱石ラジオと同様の原理を利用して、電力を充分に供給している技術が開発されています。


もしかするとiPhoneXにも、ワイヤレスで中距離充電ができる新たな機能が搭載される可能性があります。

しかし、ワイヤレス中距離充電機能が便利にユーザーが使える状態になるまでには、時間がある程度かかるという考え方もあります。
有機ELや、ワイヤレス中距離充電の機能は2017年にリリースされる予定のiphone7sには搭載できないと考えられています。

そのためiphone7sに搭載されている機能はiphone7とあまり変わらないと予想されています。