新型ディスプレイを搭載したiPhoneXについて

###Site Name###

iPhoneXは従来のシリーズと異なる様々な変更が加えられています。

特に新しいディスプレイは部品の数が少なく薄型化と軽量化を可能とし、消費電力も少ないためバッテリーの持ち時間も長くなります。


その他にも密閉構造が改良されて高い防塵性と防水性を誇る他に、3Dカメラや顔認証システムも採用される見通しです。デザインにも大幅な変更が加えられています。従来のシリーズではディスプレイの下部にホームボタンが設置されていました。新型のiPhoneXでは伝統的なデザインを変更してホームボタンを廃止し、代わりにファンクションエリアが設置されます。

機能とデザインの両方に大幅な変更が加えられるiPhoneXの発売日は2017年の10月から11月と予想されています。



一方新型ディスプレイの生産体制や様々な技術の安定性によっては2018年まで延長される可能性も存在します。

特に新型ディスプレイは重要です。OLEDと呼ばれる新しい技術が採用されており、従来のシリーズで採用されていた液晶や発光のためのバックライトを必要としません。
OLED自体が発光するため部品点数が少なくなり、薄型化と軽量化が可能になります。

またタッチパネルの応答性も向上します。



新型ディスプレイに採用されるOLEDはまだ新しい技術なので大量生産できる体制を整えるまでに時間が必要です。

OLEDの生産状況によってはiPhoneXの発売日も2018年まで延長されると考えられています。

現行のiphone7に代わる新機種iPhoneXの発売が予想されています。
iphone7では今までと大きく異なる点としてイヤホンジャックの廃止、防塵・耐水機能、新色ジェットブラック・レッドの追加、日本のFelicaに対応など、一気に変化しましたが、iPhoneXでも様々な進化が期待されます。
Appleが進める「ボタン類の廃止」や「ワイヤレス化」の中で、すでにイヤホンジャックは廃止されましたが、今度は充電端子も廃止し、独自の技術によるワイヤレス充電が可能になるのではないかと言われています。

それに加えホームボタンも廃止し、端末の一面すべてがディスプレイになるという情報もあります。



その影響で、今までホームボタンで行われていた指紋認証も、画面のどこに触れても認証できるようになるということです。
端子類が無くなることで、不便になったという声もありますが、世の中はワイヤレス化に流れつつあるので、時間の経過とともにそのような不安も無くなるのではという見方もあります。

パソコンのキーボードやマウスも有線だと簡単に移動できず不便で、こちらもワイヤレス化が進んでいるのでAppleは今後の世間の動きも予想しつつ、廃止に踏み切っています。
新型のiphoneSEを発表した後にiPhoneXの詳細が発表されることが濃厚ですが、例年のパターンを考慮すると9~10月になると考えて良いです。

7を上回る多数の機能の追加があるのは間違い無いので、期待して損はない機種です。