iPhoneXの優れた特徴について

###Site Name###

iPhoneXの大きな特徴としては新型ディスプレイの存在を挙げることができます。

これまでのシリーズでは液晶ディスプレイが採用されていましたが、iPhoneXにはOLEDディスプレイが採用される見通しです。

OLEDディスプレイの特徴は薄く軽量で、フィルムを基盤とする場合には曲げることもできる点にあります。

従来のシリーズに使用されていた液晶ディスプレイは光を出すためのバックライトと液晶が必要でした。



新型ディスプレイではOLED自体が発光するため、バックライトと液晶が不要になります。
部品点数も少なくなることから薄型化と軽量化が可能です。


iPhoneXにはスチールケースが採用されるので画面を曲げることができませんが、大幅な薄型化と軽量化が図られると予想されます。

またOLEDディスプレイは液晶ディスプレイと比較して、美しい色彩で映像を表現できるだけでなく電力消費量が抑えられています。
少ない電力消費量で済むことからバッテリーの持ち時間も延長されます。

OLEDは有機EL、発光ダイオード、有機ポリマーなどとも呼ばれる新しい技術です。


iPhoneXの発売日はOLEDという新技術を採用したディスプレイの生産状況に影響を受けます。


一般的には2017年の10月から11月頃とされていますが、OLEDディスプレイの生産状況によっては2018年になる可能性も存在します。


またOLEDディスプレイの生産量が少ない場合には、iPhoneXの初期型の生産量も限定的となると考えられています。
最新の情報によると、2017年の秋に発売が予想されているiPhoneXは、アクティブマトリクス式有機ELと呼ばれる曲面の画面を取り入れるのを見送る可能性が高くなってきています。


iPhoneXの画面にはiphone7などと同様に2.5Dガラスが使われる可能性があります。

ですので、iPhoneXの画面は縁以外は、ほぼ平らな形になると予想されます。

そして、物理的な動作をするボタンが取り止められて仮想ボタンが取り入れられ、画面は大きくてもスマートフォン本体の大きさは4.7インチのiphone7のサイズに近づきます。
また、TouchIDで認証する代わりに3D顔認証システムが取り入れられることが予測されています。
最新情報によると、iPhoneXは、ホームボタンを取り止めることを検討しています。指紋認証センサーが画面の端の0.03ミリメートル下にある空間に埋め込むことができるようになったことによって、これまでデザインの都合上、物理ボタンをどこに取り付けるのかを考えるころが必要だったところが、そのような必要がなくなるだけでなく、防塵性や、防水性を高めることができるようになることが期待できます。



2017年にリリースされるiPhoneXには、4Kの画質に相当する高精細な有機ELの画面が採用されるという噂もあります。



将来的に採用される予定がある、VRという機能を搭載する上で、リアルな映像を映し出すのに、高い解像度の画面は必要不可欠となるためです。