Googlemapの様々な機能について

subpage01

Googlemapは検索エンジンGoogleがインターネットを通じて提供している地図検索サービスです。

発端はデンマーク人の兄弟であるLarsRasmussenとJensRasmussenがシドニーにWhere2Technologiesという企業を設立し、そこで開発されたソフトウェアでした。
そしてこの企業をGoogleが買収し、ウェブサービスとして再開発したものがGooglemapとなり、2005年にベータ版としてサービスが開始されました。


その後様々な機能が追加されて今では世界中で利用されています。

Googlemapについて悩んでいませんか。

マップの表示モードには地図と航空写真と地形の三つがあり、このそれぞれで全世界から何丁目といった細かな番地まで自由に縮尺して俯瞰する事ができます。

さらに表示された公共施設や公園、ホテル、飲食店、商業施設などのデータはウェブサイトや電話番号、営業時間といった情報とリンクしており、ユーザーがレビューを記入したり、お気に入り登録したりできるのが特徴です。

そしてこのGooglemapの一番の特徴というと、ストリートビューです。2007年に開始されたサービスで、黄色の人型のアイコンを地図の上にドラッグする事で路上風景のパノラマ写真の画面に切り替わります。



画面には矢印が表示されるのでそれをクリックする事で方向転換したり、ズームアップする事が可能で、指定した場所の周辺を実際に歩いているような感覚をインターネット上で体験する事ができます。



こうしたユニークな機能もGooglemapが世界中の人々に支持されている理由ともいえるでしょう。